老化、病気の原因「活性酸素」

活性酸素」という言葉を一度は耳にしたことがあると思います。ただ、名前は聞いたことがあっても、どのような働きがあって何によって増えるかを知っている人は少ないでしょう。

活性酸素は増えすぎると、老化の原因や病気の原因になります。それでは、以下に詳しく解説していきます。

活性酸素とは

活性酸素とは、その名の通り「活発な酸素」という意味です。これには、釘がさびてしまうような強い酸化の作用があります。空気中の酸素の2%に含まれており、主な役割は殺菌です。ウイルスが体内に入ってきたときに、体は活性酸素でやっつけます。

このように少量の活性酸素であれば、悪い菌を退治するだけのため、体に害はありません。しかし、活性酸素の量が通常よりも増えてしまうと、体の細胞をも酸化させてしまいます。

体が酸化するということは、シミやしわなどの老化やガンや動脈硬化、糖尿病、アトピー性皮膚炎などのさまざまな病気の原因に繋がります。そのため、活性酸素を増やさないように意識して防ぐ必要があります。

活性酸素が増える原因

活性酸素が増える原因はいくつかあります。まず一つ目は、ストレスです。ストレスを感じると、体は対抗してストレス緩和作用のある「副腎皮質ホルモン」という物質を分泌します。

この「副腎皮質ホルモン」の分泌と一緒に活性酸素は作られます。そのため、ストレスが溜まると活性酸素が増えてしまいます。

二つ目は、喫煙です。タバコには、ニコチンやタールなどの有害物質が大量に含まれています。このような有害物質が体内に入ると、やっつけようと活性酸素が大量に増えます。

また、ニコチンのような有害物質には、ビタミンCを減少させる作用もあります。ビタミンCには酸化を防ぐ抗酸化作用があるため、減少すると体の抗酸化作用が弱まっていき、余計に酸化が進んでいきます。

もちろん、タバコ自体にも発ガン性などの有害があるため、喫煙はしないのが一番です。

三つ目は、塩素です。水道水には、菌を殺菌させるために塩素が使われています。この塩素は、国の法律で必ず使わなければなりません。しかし、「この量は必ず入れてください」といった規律はありますが、「これ以上は入れないでください」といった上限の規律はありません。

そのため、場所によって塩素の量はさまざまで、かなり多くの塩素が入っているところもあります。塩素は、皮膚から入る経皮毒や料理に使用することによって口から体内に入っていきます。体内に入った塩素を体は有害物質だと判断するため、活性酸素が大量に増えます。

また、水道水には、塩素では殺菌することのできない環境汚染の物質なども含まれています。そのため、飲み水だけでなく、料理に使用するときも必ず浄水器やミネラルウォーターを使用することをオススメします。

他にも、紫外線や食品添加物、大気汚染、激しい運動などの原因があり、気付かないうちにたくさんの活性酸素が体内で作られています。

この活性酸素を意識して減らしていかなくては、体の酸化はどんどん進んでいきます。では、老化や病気を防ぐためにも活性酸素を減らすには、どのような方法があるでしょうか。

活性酸素を減少させる方法

活性酸素を減少させる方法は、まずは、ストレスをあまり溜めないようにリフレッシュをしたり、紫外線を浴びすぎないように露出を少なくしたりと原因になるものを避けることを意識してください。

他には、抗酸化作用のある食材を積極的に摂取してください。例えば、ビタミンCが豊富に含まれている苺やキウイ、オレンジ、トマトなどの果物やビタミンEが豊富に含まれているナッツ類や大豆、アボカドなどです。

また、ポリフェノールが含まれている赤ワイン、ブルーベリー、リンゴ、ココアや緑茶のカテキン、ピーマンや人参、かぼちゃ、ほうれん草などの緑黄色野菜に含まれているカロテンなども強い抗酸化作用があります。

 活性酸素を素早く除去する水素水

他には、最近ブームになっている水素にも強い抗酸化作用が期待されています。水素には活性酸素を素早く除去する作用の他に、血管を拡張させて血液の循環を良くするため、冷え性改善や美肌効果、内臓脂肪の燃焼を助けるためダイエット効果などにも期待されています。

ただ、水素水には大気中に発散しやすいという弱点があるため、ペットボトルの水素水はあまり期待できません。そのため、アルミの素材を使ったパウチ型のような水素が発散しにくいものも多く出てきているため、そちらを飲む方がオススメです。

関連記事

  1. 健康の予防医学

    予防医学の重要性

    現在、日本人のガンになる確率は1/2と言われています。アメリカやヨーロ…

  2. 健康の予防医学

    食品添加物は安全なのか、危険なのか

    食品添加物は世の中で賛否両論あります。最初に結論を述べると、安全とも危…

  3. 健康の予防医学

    健康の定義

    「私は健康だ。」と言うことのできる日本人は2割と言われています。残りの…

  4. 健康の予防医学

    砂糖が及ぼす体への影響

    疲れた時に糖分を摂ると良いと言いますが、それは間違いです。疲れがとれた…

  5. 健康の予防医学

    健康の5大要素とは

    健康には5大要素があります。この5つを満たした時に本当の意味で健康だと…

  6. 健康の予防医学

    噛むだけで美しくなる

    よく噛むことが健康に良いことを知っている人は多いです。しかし、どうして…

  1. 薬膳

    血虚の体質にオススメの食材
  2. 食品学

    みつば、しその栄養と効能
  3. 料理の基礎

    砂糖の効果
  4. 食品学

    クレソン、ルッコラの栄養と効能
  5. 栄養学

    6つの基礎食品群と栄養の相乗効果
PAGE TOP