包丁の種類

包丁とは、食べられない部分を取り除いたり、食べやすい大きさにカットするためや、調味料を浸透しやすい形にするため、見た目を良くするために用いられる刃物、切削器具です。

包丁の素材の種類

材質は、プロの人がよく使っている鋼製とさびにくいステンレス製、100円均一なのでよく売っているセラミックス製があります。

中でも鋼製は、切れ味が良く、研ぐことでいつまでも切れ味を保つことができるため使用し続けることができます。ただし、手入れをしないとさびやすいです。

ステンレス製は、次第に切れ味が悪くなってしまうが、さびないので手入れがとても簡単です。

セラミック製は、非金属の無機材料の総称です。セラミックスは、さびない、軽くて安全、金属でないので磁気を帯びないなどの特徴があります。

日本では、包丁の種類がたくさんあるので調理する食材によって包丁を使い分けます。逆に、中国や欧米など他国ではは包丁の種類が少ないので、中にはすべて同じ包丁で調理をする国もあります。

日本の料理は、「目で食べる料理」と言われるほど見た目を重視しています。そのため、食材によって包丁を使い分けているのです。

和包丁の種類

日本料理で使われる包丁は和包丁と呼ばれ片刃と両刃があります。写真の左側が両刃で右側が片刃です。

いかに両刃と片刃の種類をまとめます。

両刃・・・万能包丁、菜切り包丁、さしみ包丁(タコ引き包丁と柳刃包丁)
片刃・・・出刃包丁、小出刃包丁

万能包丁はその名の通り万能に使え、白菜やキャベツなどの分厚い葉野菜以外の野菜を切るときに使用する包丁です。野菜以外にも肉、魚以外はこれで切ることができます。

菜切り包丁は、白菜やキャベツなどの分厚い葉野菜を切るときに使用する包丁です。包丁の縦の幅が広く均等なため何枚も重ねた葉を一気に切ることができます。

中国で使われる中国包丁で「菜刃(ツァイタオ)」という包丁は、イメージは日本の菜切り包丁をさらに大きくして重くしたものです。中国では、包丁はこの一種類しかないため、この包丁で細かいものや大きなものまで調理をします。

出刃包丁は、片刃で魚をさばく時やお肉を切るときに使用します。魚の三枚おろしや骨を切断する時に力を入れながら使用するので、出刃包丁はとても分厚く重く丈夫にできています。

なぜ出刃包丁は片刃なのかと言うと、単純に両刃よりも片刃の方が丈夫だからです。両刃の場合は、切れ味を保つために両面から研がなければいけないのに対し、片刃は片方のみ研げば良いので刃の厚さを保つことができます。そのため、片刃の方が両刃よりも切れ味を保ち続けることができます。

洋包丁の種類

次に、西洋料理で使われる洋包丁には、牛刀とペティナイフ、冷凍包丁があります。

牛刀は両刃で日本でいう「万能包丁」にあたりますが、その名の通り肉切り用包丁でもあります。肉切り用ですが、シェフナイフとも呼ばれるほどほとんどのものは牛刀で切ることができます。

ペティナイフは、日本の果物包丁に似ていて果物や細工などの細かい作業をする時に適しています。

冷凍包丁は冷凍した固い食品を切る為、刃先がギザギザしています。似た形のもので洋包丁の仲間のパン切り包丁がありますが、こちらは逆に柔らかいものを切るのに適しています。

まとめ

包丁の種類は細かく分けると、すごく多くの種類が存在します。ですが、プロを目指している人でない限りそこまで知っておく必要はありません。

極論、包丁の種類はさまざまですが、決してそれでなければ切れないわけではありません。万能包丁さえ持っていれほとんどのものが切れます。ですが、切りやすさや切り口の綺麗さが全然違います。材料によって包丁を使い分けた方が料理の質がワンランクアップするでしょう。

関連記事

  1. 料理の基礎

    料理酒の使い方と効果を知って料理をおいしくするコツ

    料理酒とはよく料理に使用されるお酒のことです。飲酒用の日本酒などと違っ…

  2. 料理の基礎

    世界の料理と中華料理の分類の基礎

    世界の有名な料理の分類を3つ挙げるとしたら、以下のようになりま…

  3. 料理の基礎

    お酢の効果

    最近、よくお酢の専門店を見かけるようになりました。お酢=美容に良いとい…

  4. 料理の基礎

    新鮮な卵の見分け方と卵の性質

    お菓子の材料には、それぞれ役割がありどれも欠けてはいけません。その中で…

  5. 料理の基礎

    料理の基礎を学ぶことの大切さとは

    私たちは1日3食365日食事をします。もし、80歳まで生きるとしたら、…

  6. 料理の基礎

    水から茹でる野菜とお湯から茹でる野菜を一瞬で見分ける方法

    野菜には、水から茹でる野菜とお湯から茹でる野菜があります。料理をしてい…

  1. 食品学

    クレソン、ルッコラの栄養と効能
  2. マクロビオティック

    マクロビで肌トラブルを解消する方法
  3. 料理の基礎

    加熱調理(焼く・炒める・揚げる)
  4. 料理の基礎

    非加熱調理(洗う・浸漬・切る・混ぜる・粉砕・圧搾・冷却など)
  5. 料理の基礎

    加熱操作(茹でる・煮る・蒸す・炊く)
PAGE TOP