ローフードとは

ローフードとは、加熱する際に失われてしまうビタミン、ミネラル、酵素を火を通さず生で摂取することにより、食物本来の栄養素を摂取する食事法のことを言います。(*ただし、酵素が破壊されないとされている48度以下の場合に限り加熱しても問題ない)

「生の食材」というのは、果物、野菜を主として魚や肉も生で食べられるものは良いとされています。代表的なローフードは「スムージー」です。

ビタミン、ミネラル、酵素を多く摂取することでどのような効果があるのかと言うと、「栄養学」にも詳しく記載してありますが、主に体の機能を高めてくれる働きがあります。ビタミン、ミネラル、酵素は体内で生成することができず食品から摂取しなければなりません。

昔は意識しなくても摂取できていたものが、時代の変化により意識しなければ摂取できなくなっています。遺伝子組み換えや農薬なので野菜自体の栄養価が減少し、家庭でのおかずの数が減ったことが大きな原因でしょう。

ビタミン、ミネラル、酵素が欠乏すると疲れやすい、貧血、老化、動脈硬化、風邪をひきやすいなどさまざまな体の不調が現れます。

ビタミン、ミネラル、酵素を積極的に摂取することで、免疫アップ、アンチエイジング、ダイエット効果、便秘解消、集中力アップなどの効果が期待できます。

そこに注目したのが「ローフード」という食事法です。生の食材を摂取することにより、不足がちなビタミン、ミネラル、酵素を多く摂取でき、体の老廃物を外に出してくれるので体の中から綺麗になります。

ローフードはとても良い食事法なのですが、全体的なバランスを考えた時にどうしても栄養素が偏ってしまいますし、急に3食ローフードにしてしまうと体が急激な変化に対応できません。更に、加熱しないということは殺菌もできないので衛生面も十分に気を付けなければなりません。

一番私がお勧めしたいローフードの取り入れ方は、特に朝は「浄化の時間」と言われているため、消化の良い生のものを摂取するのが良いです。なので、朝食を果物やスムージーにするとそれだけで一日の体の軽さが違いますしダイエット効果もあります。

私も実際、数年前まで朝食は夕食並に食べていましたが、朝食をスムージーやシェイクに変えただけで2キロ減り、体も朝から動きやすくなりました。

もちろん個人差はありますので、いろいろ試して本当に自分に合う食事法を探してみてください。

関連記事

  1. ローフード

    ローフードの基礎

    ローフードは、基本的に、野菜とフルーツ、ナッツ類、ドライフルーツを使っ…

  1. 薬膳

    薬膳の基礎知識
  2. 初心者のためのお菓子作り

    生クリームとメレンゲの性質、泡立て方の違い
  3. 食品学

    ししとうがらし、とうがらしの栄養と効能
  4. マクロビオティック

    顔のトラブルからわかる体のサイン
  5. ローフード

    ローフードの基礎
PAGE TOP